久留米絣

Project: Kurume Kasuri

久留米絣にイタリアの生地を組み合わせたリバーシブルのマキシ丈スカート

久留米絣とは:

久留米絣は、福岡県南部の筑後地方一帯で製造されている綿織物です。丈夫な綿織物は仕事着に最適で、昔は各家庭で手織りされていました。実用性重視の普段着だけに、無地が一般的だった約200年前。米屋の娘、井上 伝(当時13歳)の偶然の発見により生み出されたのが、優しい風合いの柄を、織物に浮かび上がらせる技法です。「くくり」とよばれる技法であらかじめ染め分けた糸を用いて織ることで、微妙なズレが生じ、独特なかすれ模様となります。これが久留米絣の大きな特徴であり、魅力です。現在では、伝統的な幾何学模様や藍染めだけではなく、モダンな柄、ポップな色合いの製品も多く作られています。

工程は非常に緻密で、柄を生み出すために糸束を縛って染色し、染めた糸束をまた一本一本の糸にほどき、織ることでやっと一枚の織物ができあがります。完成までには30もの工程を経て、完成までに1ヶ月以上かかり、柄によっては3ヶ月以上かかることも。機械の進化によって、作業の負担は昔よりも減ったものの、人の手仕事が不要な工程は一つもありません。経糸と緯糸の柄を合わせるのは非常に難しく、職人の高い技術を要します。

 久留米絣の技法は1957年に国の重要無形文化財に指定され、1976年には経済産業大臣指定伝統工芸品に指定されました。

久留米絣には綿素材ならではの、夏は涼しく、冬は暖かい素材も多くの人に愛される理由の一つです。

Partner: 下川織物

下川織物さんは「伝統工芸の技術の継承・革新に挑戦し続けることでモノづくりの楽しさ・素晴らしさを久留米絣で表現する。」を企業理念に掲げる1948年から三代続く久留米絣を作る織元。

当ブランドでは下川さんの久留米絣にイタリアの生地を組み合わせたリバーシブルのマキシ丈スカートを2020年2月にローンチ。東京・名古屋・大阪・福岡で試着受注会を開催します。オンラインでの受注も受け付けます。

下川織物3代目下川強蔵さんと。

Pop Up

(追記:2020.01.10)

第一回目のrenacnatta久留米絣スカートの受注会の詳細が決定しましたのでお知らせいたします。

①取扱アイテム
マキシ丈リバーシブルスカート [セミオーダー式]
丈:85cm or 95cm
久留米絣の柄:2種類
イタリア生地の柄:3種類
上記から好きな組み合わせでオーダーしていただけます。

サイズ:フリーサイズ(ウエスト:50~80cm)

②金額
35000 yen (+ tax)

③お届けまでの流れ
生地の組み合わせ・丈の長さをセミオーダー(@受注会orオンライン)→糸の染色→生地生産→商品生産→お届け(5月末〜6月上旬予定)

④受注会日程
2/8, 9 東京
渋谷novore mini 渋谷区桜ヶ丘町17-9第二昭和ビル403

2/15 名古屋
覚王山ギャラリーsobo 名古屋市千種区山門町1-13覚王山アパート1F

2/16 大阪
MATSURI 大阪市北区中崎3-3-6 Luxe Nakazaki1F

2/23 福岡
gluee. 福岡市中央区薬院1-14-25-102

時間は全日12:00 – 18:00です。

オンラインでのオーダーは2/3〜29受付予定です。

*商品発送準備が出来次第、ご注文をいただいた順にお送りします。
*ビジュアルは1月末に公開予定です。今しばらくお待ちください。

貴重な久留米絣を1着に7m以上も使う贅沢なマキシ丈スカートとなりました。お楽しみに!

Works