西陣織ネクタイ

Project: Nishijin Tie

京都の西陣織のデッドストック生地とイタリアで仕入れたシルクを組み合わせたリバーシブルネクタイ

西陣織とは:

西陣は、京都市街西北にあたる地域で、平安時代以前からの織物生産の中心地として栄えていました。1467年に京都で起こった応仁の乱で織物職人たちは各地に散りますが、戦乱後、再び京都に戻り、織物作りを再開します。応仁の乱の西軍の陣地跡だったことから「西陣」と呼ばれるようになりました。

西陣織りとは、京都市の西陣において製織された高級絹織物の総称であり、「西陣」と「西陣織」は「西陣織工業組合」の登録商標です。フランスのリヨン、イタリアのミラノと並び世界的高級絹織物産地として名声を誇っています。

糸を先染めをしてから織っているため、一般的な染色法である後染めよりも丈夫で、シワになりにくく、深みのある高級感漂う表現力が特徴です。

Partner: 株式会社財木

伝統的工芸品であり和装織物のイメージが強い京都、西陣織。
しかしながら、ネクタイの生産も盛んであり、有名ブランドネクタイを多く生産しています。株式会社財木さんはその代表的な織元の一つとして、日本の高級ネクタイ市場を支えています。
当ブランドでは財木さんのデッドストック生地をイタリアで仕入れたデッドストックのシルクと組み合わせリバーシブルのネクタイを展開しています。

△西陣織を表にした場合
△イタリアのシルクを表にした場合

1本でシックな西陣織のネクタイと華やかなイタリアンシルクのネクタイ、二つの表情をお楽しみいただけます。

商品ページへ

Works